復縁の可能性アリ!

a007元カノと連絡が取れる状況にあるというだけで、
復縁の可能性というのは、結構高くなるものです。

受信拒否をされている場合においても可能性を捨てる必要は
ないと思いますが、難易度はかなり上がってくるものです。

それで、メールでの連絡ができ、返信も来る場合、
元カノの方も少しだけ、あなたのことが気になっている状態です。

気がないのであれば、受信拒否するか無視します。

そのような状況の場合は、とにかく反省していることを伝えます。
「反省しているから復縁してくれ」
これはいけません。

別れた後、自分を見直してみて、悪いところがたくさんあった。
今頑張って治しているよ。本当に迷惑かけたね。

嫌な言い方ですが、下手に出るのです。
反省しているのであれば、そうなるはずなのですが。

返信の催促をすることは止めましょう。
元カノとしても気持ちを整理したり、友達に相談したりします。
そういうときの催促というのは冷める原因です。

しかし、返信が着やすい文章を書くことは可能です。
例えば、反省していることを伝えた後に、

「この時期風邪ひきやすかったけど大丈夫?」
「〇〇に相談したら、お前が悪いって怒られた。〇〇って知ってるよね??」

返信がしやすい文章を最後に入れてやることで、
最初のメールがスムーズに進みます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

着信拒否されていた場合

a009元カノに着信拒否されていた場合、
どうすれば良いのでしょうか?

このような質問を度々頂きます。

着信拒否というのは、怒っているという意思表示です。
連絡を受けたくもないし、したくもない、という訳です。

このようなときに、別の番号から電話をしても、元カノとの距離は縮まりません。
いくら反省しているという事を伝えようとした場合でもです。

着信拒否を乗り越えてどうやって復縁していくかは、
元カノの友人の協力と言うのが、大切になってきます。

友人に協力してもらい、彼女の機嫌を聞いてみる、
もしくは、反省しているということを伝えてもらう、など
とても効果的な方法です。

友達がいない場合、どうするかというと
連絡が取れるメールやラインなどを利用します。

必ず文章で送るようにします。電話はダメです。

そこで、反省していることや相手を気遣う言葉をかけてあげましょう。
その際、どちらが破局の原因だとしても悪口は書かないようにします。

それで最後の文章に、「怒っていると思うけど、できればまた連絡させて下さい。」
「できれば」というのが重要な点です。

この言葉を見ると返信してくれる可能性が上がります。

なぜなら、謙虚さが表れていることと、
できればに対しての答えを返す必要があるからです。

時期が悪いなどの理由で返信がない場合もありますが、
数日から数週間は連絡待つようにしましょう。

カテゴリー: 冷却期間 | タグ: | コメントをどうぞ

他の男性とお付き合いしているケース

a008復縁した元カノが他の男性と付き合っているケースもあります。
そのような場合、あなたならどうしますか?

  • 根気よく別れるのを待つ
  • 女性と接触して説得する
  • 別の女性と付き合う
  • 別れさせ屋に相談する

 

根気よく待つのも作戦の一つですが、新しい出会いを蔑にしています。
それでも、元カノのことが忘れられないのであれば仕方がないでしょう。

女性と接触して説得する方法は、失敗します。
別れた元彼と会いたいと思う女性はほとんどいません。
今彼が好きだからこそ付き合っている訳で、説得には応じません。

別の女性と付き合う。
私だったそうします。

別れさせ屋に相談するというのは以前話題になりましたよね。
今でも存在していますし、復縁の手段として使う方もいます。

ですが、別れさせた後、元カノとよりを戻せるかは別問題ですし、
例えよりを戻せたとしても以前のように楽しくできるのでしょうか。

別れさせ屋を利用して復縁した方もいましたが、
やはり多少は罪悪感が残っている場合があるようです。

どのパターンになるにしても、やはりまっとうな方法を使うべきです。
どうしても復縁したいのなら、サービスを使うのも仕方がないかもしれませんが。

カテゴリー: 上手な復縁方法 | タグ: | コメントをどうぞ

急激な進展は望まない

a007距離の取り方というのは大変難しいと思います。

連絡先が分からない状態であれば、距離感もないのですが、
元カノの連絡先が分かっている状態からの復縁においても、
距離感というのは非常に大切です。

本音をいうと昔のようにすぐにでも付き合いたいと思っているはずですが、
残念ながら厳しいと思いますので、急激な進展は望まないようにしましょう。

それではどういう距離感を取るのかというと、メール友達と同等程度で良いでしょう。
最初はそれくらいが丁度良いのです。

そこから、最近の調子や昔やってた趣味の話を少しずつ話していき、
あれから色々と考えて、改善して成長してきたことを伝えていきます。

それでまた元カノが以前のように、自分に甘えだしたら、
復縁のチャンスだと思ってもらって構いません。

そこまで行く過程というのは人それぞれのため詳しいスケジュールはありません。
気長に仲良くなっていくしかありません。

当サイトの方法を利用すれば、より効率的に復縁が行えます。
ぜひ、学んでみて下さい。

カテゴリー: 上手な復縁方法 | タグ: , | コメントをどうぞ

冷静さなくして復縁はなく

a006タイトル通り、冷静さがなければ復縁はありえません。

「お前がいないとダメだ!もう一回付き合った欲しい!」

元カノとの復縁はより難しくなります。
正直、言われたら女性の方は怖がると思いますよ。

あくまでも冷静に復縁をお願いするのです。
そのお願い方法というのは直接的に表現するのではありません。

「別れてからパチンコ辞めたんだ。今思えばあの浪費癖は酷かった。
 君が言っていたことは正解だったのに、気づけなくてごめんね。」

これが正解です。
復縁を迫るのではなく、自分が反省している意思を表現することが大切です。
あなたが反省しているのであれば、元カノもあなたのことを見直すでしょう。

上記の例のように、別れた原因と改善した、君が正しかった。
というように自分に非があるところを認めることが重要になります。

そして注意ですが、復縁の際は元カノの悪い点はあなたから離さないようにする。
話すと喧嘩になりますし、余計復縁は難しくなってしまいます。
我慢するべき点なのです。

カテゴリー: 上手な復縁方法 | タグ: | コメントをどうぞ

冷却期間中にやってはいけない寒い事

a005
復縁の相談を受けていると、やってしまう方がいる。
かなり寒いお話しになるが勉強になると思います。

『どうしても元カノと会いたいが、
返信がなく連絡が取れないため、
偶然を装い出会う。』

これはかなりお寒い行動になります。
これで復縁が成功する訳がない。

元カノの感情としては、
前の彼氏ということから、ストーカーに変わります。
そうでしょう。かなり気持ちが悪いから。

偶然を装う場合、ほとんどばれますので注意が必要。
できればやらないことを願う。

『返信がないのに毎日自分の近状を連絡する』

これも立派なストーカーな部類です。
返信がないということは、完全に自己満足の世界です。

この手の男というのは、元カノがアドレスを変更しても、
どこからか聞き出して、送ることがあったり、無言電話など、
嫌がらせに発展してしまうケースもあります。

復縁すると決めたら、
冷却期間中は嫌われることはするべきではありません。

カテゴリー: 冷却期間 | タグ: | コメントをどうぞ

復縁は自分改革から

a004
相手の変化に期待するのも元カノとの復縁では大切。
そして、自分が変化するのも大切である。

例えばあなたが極度の浪費家だとしよう。
そのような方が復縁するためには浪費を止め、
節約に努める必要がある。

あなたが、不潔な男だとしよう。
爪を切り、髪を切り、肌荒れをなくす。
お風呂にきちんと入り、清潔にする。
出かけるときには香水を軽くでもきちんとつける。

これだけでも十分な改善が期待できる。
余談だが、不潔な男というのはモテないのは間違いない。

浪費家の場合、自分の生活スタイルを大きく変える必要がある。
自分改革と言える。

しかし、復縁したいという気持ちが本気であれば、
彼女の嫌がることはできないはずである。

そして、そういう元カノのために改善するという気持ちは、
これから復縁に向けて連絡を取る場合、または再開するときに、
必ず伝わるものなので、きちんと行う必要がある。

カテゴリー: 破局原因の改善 | コメントをどうぞ

破局の原因を探れ

a003
破局の原因を明確にしないまま復縁することは難しい。
まずは破局の原因をもう一度考えてみよう。

別れる理由は様々ある。
カップルの分だけ理由はあるとも言える。

あなたの破局の原因は何なのか?
また、どちらが悪いのか?

もう一度きちんと考えてみよう。

元カノと復縁したいのであれば、
嫌いになった点を改善する必要がある。

もし、元カノの浮気が原因でも、あなたにも悪い点はある。
今言うでもないことではあるが、きちんと理解して欲しい。

破局の原因を考え、自分から改善することで、
元カノがあなたを見直すきっかけを増やすことができる。

多くあるパターンなのだが、
元カノがあなたの改善を待っている。

改善したのをきっかけに、
復縁を果たすというのは多々ある。

まずは、自省してみよう。

カテゴリー: 破局原因の改善 | タグ: , | コメントをどうぞ

冷却期間中の行動

a002元カノとの復縁のための冷却期間は設ける必要はない、
という話を前回に行った。

冷却期間中、友達に協力をお願いし、
元カノの気持ちを探る必要がある。

元カノが寂しいとき、自分を想い出しているときが狙い目である。
しかしながら、縁が切れているためそのような状況はなかなか読めない。

これは他人の協力が非常に重要になる。
元カノの友達、自分の友達などに協力を要請する必要がある。

元カノの友達であれば、
自分のことをどう考えているのかを聞くことも簡単。

もし、気がないようだったら、
別れた原因を改善しようとしている旨を伝えてもらう。

または、度々自分のことを話題に挙げてもらう。
これは良いことでも悪口でも良いのである。

なぜなら、忘れられるのが一番厄介だからである。
完全に他人という意識になったら復縁は困難を極める。

自分の友達であれば、
自分のことをアピールしてもらう。

または、元カノに新しい男がいないか調べてもらう、
など、協力してもらうようにしよう。

カテゴリー: 冷却期間 | タグ: , | コメントをどうぞ

復縁の冷却期間の具体性

a001復縁の経験がない方はこのように考える。

「3ヶ月後に、もう一度告白しよう」

これは一種の自己暗示と同じである。

自分の中で具体的な期間を設けることで、
一定の安心感を得ることができるからだ。

しかしながら、考えて欲しいのは、
その3ヶ月という期間に彼女の気持ちは
果たして変わるのであろうか。

3ヶ月、元カノと復縁するための冷却期間を置いて、
自分の気持ちは相変わらずでも、彼女の気持ちが
前向きになるという保証はない。

そのため、冷却期間を具体的に定めるのは愚の骨頂である。
冷却期間を気にするよりも、元カノの期限を探るのが先決。

復縁には冷却期間を定める必要はないということを覚えておこう。

カテゴリー: 冷却期間 | タグ: , | コメントをどうぞ